「垂水整体」膝の痛み「垂水鍼灸」

変形性膝関節症とは膝に水がたまり腫れあがり痛みや熱を持った状態を長期にわたり我慢されたり水を抜いて一時的に楽になった状態で放置された方によく起こります。つまり慢性的に痛みに耐えごまかしごまかしの日々を過ごすうちにだんだんと膝の関節の骨が変形して行きます。
体質や個人差はありますがまず水が溜まらない膝にする体質作りを鍼灸でお勧めしています。膝の痛みで関節運動が制限されると、足の筋肉「特に大腿四頭筋」の筋力およひ筋繊維が萎縮して細くなります。四頭筋の筋肉低下予防は早めから開始したほうが膝を支える力を保つことができます一度すり減った軟骨はなかなか生えて来ませんし変形した骨は元に戻りません、しかし歩く度に擦れ合って炎症が起き水がたまります、水は回りの組織と神経を圧迫するので痛いのです。
まずはその水が溜まりにくい体質や膝にしていくのが一番です。鍼は痛いと思っている方、ご心配いりません。かる~くチクっとしたか、しなかったかぐらいな刺激なので初めての方や恐がりな方でもだ丈夫です。
垂水で膝の痛みではチョウ鍼灸整骨院にお任せください。

チョウ鍼灸整骨院
078-777-3732