(垂水区)頸椎症について(整体院)

こんにちは。垂水区名谷町で交通事故治療•スポーツ整体•鍼灸治療をやっております、チョウ鍼灸整骨院です。頸椎症とは
首から肩の筋肉の緊張の疼痛と痺れ、筋力低下の疾患です。頸椎の変形は加齢や外傷が原因で起こります。加齢による頸椎の変化にはそれぞれ違いますが、ほとんど40歳ごろから明らかに変形なりかけます。高齢になるほどその変化が強くなるため、頸椎症は中高年者でおおく見れます。頚椎は7個の骨が積み重って出来ております。その間にはクッションの役割をする「椎間板」があります。しかし、この椎間板は「老化」に伴い、弾力性を失って後方へと飛び出して膨らんでいきます。
椎間板がクッション性の役割を失ってしまうと、頚椎は正常な動きが不能になり、不安定になるため(頸椎異常可動性)椎骨に様々なストレスがかかります。これにより椎骨の周りが棘のように突出する「骨棘(こつきょく)」が形成されます。骨棘が形成される理由は、異常なストレスを抑えようとする生体の反応によるものです。骨棘からの首の可動域制限や、神経圧迫などによる痺れ、神経痛、頚部痛なのが生じます。
チョウ鍼灸整骨院では整体と鍼灸、パルス療法で頸椎症の症状を数多く改善してきました。
筋肉の緊張をとり、姿勢矯正+痺れに対しては鍼灸パルス療法で痺れを抑制できます。
頸椎症による、首、肩の痛み、痺れでお悩みの方は是非当院にお任せください。

チョウ鍼灸整骨院
078-777-3732
神戸市垂水区名谷町湯屋谷2251