(垂水)肘の痛み(整骨院)

こんにちは。神戸市垂水区のチョウ鍼灸整骨院です。
スポーツでテニスや野球、ゴルフのされてる方は一回くらいは肘の痛みを感じたことがあると思います。肘痛は一度発病すると、再発がしやすく、関節付近のでの炎症で慢性化しやすいです。関節周囲には筋肉、靭帯、血管などがあり、炎症がおきると血液がうっ血してしまい、そのまわりの神経や血管に圧迫が係り、疼痛がはしります。
よくある肘痛は上腕骨外側上課炎と呼ばれる、肘の外側の筋肉の傷や炎症によるもので肘の外側にある骨についている筋肉の使いすぎが原因の病名です。部活で野球をする高校生にもよく見られます。上腕骨外側上課炎かをしるテスト法をいくつか紹介します。
1.チェアテスト
2.中指伸展テスト
3.トムゼンテスト
いずれにしても伸展筋を伸ばして肘の外側に疼痛が出れば陽性とします。
スポーツなどで肘に疼痛が出た場合がまずその部位を冷やしてください。
アイシングで炎症を抑えることができます。鍼灸整骨院では肘の治療は物理療法や鍼灸療法で根本的に治すことができます。肘痛でお悩みの方は是非当院までお越しください。
チョウ鍼灸整骨院
神戸市垂水区名谷町湯屋谷2251
078-777-3732