夏バテ

こんにちは。

垂水で不妊治療・交通事故治療・小顔矯正をやっています、チョウ鍼灸整骨院です。

日本の夏は、高温多湿が基本です。

この高温多湿な気候は、体力を消耗する気候でもあります。

この気候に体は対応しようとしますが、対応しきれず「だるくて疲れやすく、食欲がない」ような状況になることを「夏バテ」というのです。

つまり、「夏バテ」とは、「夏の体の不調全般のこと」なのです。

夏バテの原因としては、

1・自律神経の乱れ

2・食欲不振による栄養不足

3・水分不足

自律神経神経の乱れとは、夏になると気温が高いのでクーラーを頻繁に使用します。外は高温で30℃を超えているのに、室内は20℃程度の温度だったりします。こうなると、室内外で10℃以上も差が生まれることもあります。

こういったところに出入りを頻繁にしていると、体の温度調整機能(自律神経)がうまく働かなくなってしまい体に不調をきたしてしまうのです。これが繰り返されるも胃腸の働きが弱まってしまうために食欲不振になってしまうことがあります。

夏バテの対策としては、

必要以上のクーラーは避ける。
クーラーの温度を下げすぎない。
水分補給はこまめにするが、飲み過ぎはダメ。
栄養バランスを考えた食事をとる。
塩分補給も忘れずに。
睡眠時間をきちんととる。
栄養素は、「たんぱく質、ビタミン、ミネラル」をバランスよく摂るようにすることです。
ビタミンの中でも、特に重要なのは、「ビタミンB1」と「ビタミンA」、「ビタミンC」です。食べ物からでも十分に予防できますので気をつけてとってください。これで今年の夏を乗り切っていきましょう。

チョウ鍼灸整骨院
078-777-3732

交通事故治療は垂水交通事故治療
不妊治療神戸不妊治療