ヘルニアによる腰痛

こんにちは。垂水区名谷のチョウ鍼灸整骨院です。
垂水もだいぶ寒くなりましたね。最近は気温差が激しくて、体調を崩す方や気温が下がって肩こりや背中の痛みを訴えてる患者さんが増えてました。
今日は椎間板ヘルニアによる腰の痛みについてお話しします。椎間板ヘルニアは、椎間板がヘルニアを起こすと言う事です。ヘルニアは突出した状態のことを指しますので、椎間板が突出してしまった状態のことを言います。飛び出した椎間板が、神経を圧迫する事により、激しい痛みや痺れなどの症状を起こします。そのため、腰を覆っている筋肉が緊張して、腰痛を訴えます。腰の痛みの強度は人それぞれで、ヘルニアがあっても痛みが全くない人もおれば、痛くて歩けない方もいます。
この場合、まず、骨盤がずれているか確認して、手技療法、物理療法で筋肉を和らぐします。しかし、根本的な原因は腰の奥にありますので、長針を使った施術が効果があります。針パルスをつかって神経抑制させるのも方法の一つです。
ヘルニアでお悩みの方は当院まで問い合わせください。

チョウ鍼灸整骨院
078-777-3732