大腿四頭筋損傷

こんにちは。垂水名谷町のチョウ鍼灸整骨院です。

今日は軟部組織損傷の大腿四頭筋についてお話します。

大腿四頭筋は強力な筋肉であり、かつ膝関節屈伸の運動筋であります。特に大腿直筋は二関節筋であるため、肉ばなれや筋断裂が後

発する部位です。

大腿四頭筋損傷は運動開始時、突然強力な収縮力や伸展力が加わった時に発生することがおおいです。

症状。

膝崩れが起きたり、避けたりした感じを自覚します。

腫脹、圧痛、筋緊張が現れ、触診により陥凹部を触れます。また24時間~48時間以内に著名な内出血がみられます。

整骨院での治療法。

大腿四頭筋損傷は1度から3度まであり、整骨院で対応可能なのは1度と2度です。

3度は完全断裂で手術適応となります。

整骨院では、まず。出血防止のため、RICE(安静、氷冷、圧迫、高挙)を処置を積極的に行います。

疼痛の度合いで温熱療法や運動療法を行い、局所の圧痛、自動運動での疼痛、抵抗を加えた運動での疼痛が消失した時点で終了

とします。

予防としては、ウォーミングアップとストレッチングが重要です。受傷後2か月以内に再発する可能性があるので、

疼痛等が残る場合スポーツなどの参加は休止するほうがいいです。

チョウ鍼灸整骨院
078-777-3732