過労性脛部痛(ジンスプリント)

こんにちは。垂水区名谷のチョウ鍼灸整骨院です。

今日は下腿部のスポーツ障害である、ジンスプリントについてお話します。

ジンスプリントになる原因としては

1.ランニング

2.ジャンプ

3.ターン

4.ストップ

などに伴う足関節の反復性底背屈により、下腿の後面内側筋群に疲労が起こり、これらの筋の伸展性低下を引き起こし

その結果、下腿後面内側筋群の牽引により、脛骨骨膜に損傷や炎症を来たす疾患です。

さらに、足部疲労によるショック吸収能の低下や足部過回内も原因となって起こます。

症状

脛骨内側後縁部に沿った疼痛、圧痛を主訴とします。

徒手検査としては、ストレッチング痛み、抵抗運動痛がみられます。

偏平足、外内足、膝外反などのアライメント異常が見らえれば、脛骨過労性骨膜炎(ジンスプリント)

を引き起こす可能性が高いです、

ジンスプリントは単純にX線像で異常所見がみられません。したがって、発症後時間の経過したものでは疲労骨折と鑑別

は必要です。

整骨院での治療

急性期は原因となった運動を中止、炎症をおさえるためアイシング

下腿後面内側筋群のストレッチングや手技療法をおこない、腓腹筋・下腿三頭筋・前脛骨筋をほぐします。

急性期以降は温熱療法と電気療法を筋のスパズムや腫脹軽減目的で行い、同時じ下腿三頭筋のストレッチングをおこないます。

また、足関節周囲筋の筋力強化も疼痛のない範囲で開始します。

チョウ鍼灸整骨院
078-777-3732