肩峰下インピンジメント症候郡

こんにちは。垂水・名谷のチョウ鍼灸整骨院です。

今日はスポーツ障害である肩峰下インポンジメント症候郡についてお話します。

概要

腱板ならあびに肩峰下滑液包が肩の動きの中で鳥口肩峰アーチ(肩峰、鳥口肩峰靭帯・鳥口突起)に

繰り返し衝突することにより腱板の炎症、変性、肩峰下滑液包炎を生じる病変をさします。

腱板の中でも棘上筋腱が最も障害されやすいです。それは、棘上筋腱が鳥口肩峰アーチ直下にあり、肩峰と上腕骨

頭あるいは、大結節との間で挟まれるからです。

投球動作、コッキング期の最大外旋位から内旋に向かうときに棘上筋腱が鳥口肩峰アーチの下でこすられて発症します。

水泳のフリースタイル、バタフライなどでも発生しやすいです。

また、肩峰の彎曲の強い人や肩峰先端に未融合の骨化核があるひとにも発症しやすいです。

症状

外傷で棘上筋腱に出血と浮腫が発症し、局所の安静により経過とともに消失します。

外傷を繰り返すと、腱および滑液包に線維化が生じ慢性腱炎となります。

肩挙上の疼痛(とくに、上肢を肩の高さより上で使用した時の運動痛が特徴で、肩を使うほどわるくなる)

引っかかり感、筋力低下や夜間痛があります。

整骨院での治療

急性期は冷罨法を行い、疼痛を誘発する動作を禁止させます。肩甲骨回りの筋肉特に棘上筋を緩める手技を行い、

関節下針法を加え、炎症を抑えます。上腕骨骨頭の関節への遠心性を回復させることが重要ですので、可動域訓練

腱板筋力訓練および、肩周囲筋の強化訓練をおこないます。

垂水区・須磨区でお困りの方はチョウ鍼灸整骨院までご連絡ください。

チョウ鍼灸整骨院
078-777-3732