ベネット損傷

こんにちは。垂水区名谷のチョウ鍼灸整骨院です、

今日はベネット損傷についてお話します。

ベネット損傷は野球歴の長い選手、特に投手に多く、肩関節窩後下方の骨増殖による骨棘を指します。

投球動作により上腕三頭筋長頭や後方関節包に繰り返し牽引力がかかり起こる骨膜反応と考えられます。

上腕三頭筋や後下方関節包の拘縮を合併することがおおいです。

症状

無症状のものも多いですが、投球のコッキング期、フォロースルー期に肩後方の疼痛や脱力感を訴えます。肩関節後方に圧痛があり、肩関節外転、外旋を強制すると肩の後方に疼痛が生じます。

治療

整骨院での治療では疼痛のある時は投球を中止させ、冷罨法、固定をして運動を制限させます。

疼痛が軽減後、ストレッチ運動、筋力強化訓練を行い、腋窩神経の絞扼による症状には鍼灸療法と手技療法を行い、治療していきまます。

 

チョウ鍼灸整骨院

078-777-3732