上腕二頭筋長頭腱損傷

こんにちは。神戸市垂水区名谷のチョウ鍼灸整骨院です。

今日は上腕二頭筋長頭腱損傷について述べます。

 

概要

壮年期(40歳~50歳前後の肉体労働物)に多く、スポーツ選手の場合は若年層にもみられます

発生機序

上腕二頭筋腱の変性に張力が加わり発生することが大木です。上腕二頭筋腱の動きとしては、

肩関節屈曲 外転 回旋 膝関節屈曲 前腕回外運動で収縮するため、この運動が大きくなり、

上腕二頭筋長頭腱の断裂は発生しやすいです。

 

症状

張力が加われ、断裂すると、断裂音と共に激しい疼痛を 訴えます。

正常腕と比較すると抹消部に移動した筋腹の膨隆がみられ、筋力は低下します。

肩関節にある結節間溝部に圧痛を認めます。

整骨院での治療

上腕二頭筋損傷は日常生活に支障をきたすことは少なく、一般的

良好であります。受傷直後はアイシングを行い、内出血や疼痛の消失に努めます。また血行改善を

目的として抹消部から中枢部へ後療法の手技を行います。炎症の消失とともに、電気治療とホット

パックをはじめとする温熱療法を行います。

最終の運動療法としては、上腕筋の等尺性収縮運動を行い、 次第に等張性収縮運動に移行します。

チョウ鍼灸整骨院

078-777-3732