肉離れ

こんにちは。垂水区名谷のチョウ鍼灸整骨院です。

昨日中学生の男子二人が肉離れで来院されました。

サッカー部で同じく下腿部に痛みが出てきましたね。

肉離れと聞くと「激痛が走る」「痛くて立てない」などが思い浮かびます。肉離れの症状は、ほとんどの場合この通り肉離れを起こした場所に激痛が走り、痛みでしばらくの間は立てなくなったり動けなくなったりといった症状があります。

受傷直後はアイシングや弾性包帯による圧迫などにより、受傷部の保護と炎症のコントロールを行うことが大事です。

内出血を伴うこともあり、この場合、マッサージしてしまうと悪化することがおおいですので、受傷してから3日くらいは安静が必要です。

肉離れよ予防は運動する前にしっかりストレッチすることが大事です。筋肉に柔軟性を与えて、緩んだ状態だと発症頻度を下げることができます。

整骨院での肉離れ治療は、初期症状には先ず損傷した部位から離れた筋肉を遠位治療を行い、アイシングすることが大事です。

その後は徐々に関節自動運動を開始し、圧迫包帯を除去していきます。そして、しばらくの期間ストレッチングを行ったのち、軽いランニングから運動を開始します。

須磨区 垂水区 名谷で、肉離れになった方はチョウ鍼灸整骨院まで問い合わせください^ ^