オスグッド病

こんにちは。垂水区名谷町のチョウ鍼灸整骨院です。

今日は成長痛のオスグッド病についてお話します。

オスグッド病はオーバーユースによる成長期のスポーツ障害の代表疾患で、古くから報告されています。成長期は急激に身長が増加しますので骨も急成長を遂げますが、残念ながら筋や腱などの軟部組織は同様には成長しません。よって、相対的に硬い身体になってしまう時期でもあります。そのために生じる大腿四頭筋の柔軟性低下(いわゆる筋肉が硬い)を契機に、ジャンプやダッシュなどの繰り返しの動作による牽引力が脛骨結節部に加わります。成長期の脛骨結節部には骨が成長するために必要な骨端核が存在していますが、大腿四頭筋による強大な牽引力が負担となり、骨端核の発育が阻害されます。これがオスグッド病です。

オスグッドで子供が痛みを訴える場所は、膝のお皿(膝蓋骨)がある下の部分から脛の付着部位である脛骨粗面にかけての比較的狭いエリアが中心です。

炎症の症状によって痛みを感じる範囲は膝周り全体に及ぶケースもありますが、実際に炎症や骨の剥離、そして剥離した骨の遊離が発症するのは脛骨粗面から膝蓋骨にかけてのエリアであることをまず把握しておきましょう。

最近来られた小学4年生が膝が痛くて来院しました。病院でオスグッドと診断され、痛み止めと、シップを処方されましだが、痛みが全く取れなかったそうです。

一回目の治療は四頭筋を緩め、脛骨付着部に集中的針治療を、2回目は四頭筋ストレッチと筋力強化運動を開始し、痛みはほとんどなくなりました。

短期間で結果を求めることなく長期的な視点で、これからの長い競技人生を考慮してスポーツを行わせていくことが指導者、親の責任です。膝付近の痛みは早期に治療していきましょう。