ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

こんにちは。神戸市垂水区名谷町のチョウ鍼灸整骨院です。

今日のテーマ ジャンパー膝

 

ジャンプやランニングの着地時のショックは、大腿四頭筋によって吸収されるが、バスケットボール、バレーボールなどのようにジャンプを頻繁に行う競技や、長距離ランナーなどの選手ではこの線に負担がかかりすぎ、特に膝蓋骨の下端を中心にして痛みを主症状としたいわゆる使い過ぎのであるジャンパー膝が起こります。触診により、膝蓋骨下端に限定される圧痛、自発痛、運動痛である。病状の程度により運動後の痛み、運動時の痛み。あるいは常時傷むものがあります。

その病状を程度によってわけると

1。運動のあと傷むが、機能障害はない

2。運動中、運動後の痛みはあるがプレーには支障はない

3。常時痛み、プレーに支障を来たし、程度もひどくなってくる

 ジャンパー膝になりやすい素因

 オスグッド病、外反膝、o脚 X脚などがああげられる。

治療としてはまず、安静、すなわち運動を中止させることが一番いいですが、現実的にはなかなか難しいです、鍼灸治療の目的は、痛みを取る事を主にします。大腿四頭筋の過緊張緩和と膝関節周辺の循環の促進を目的としておこない、あわせて疲労の回復などを早期解消し、障害を起こしにくくします。練習後は直ちに局所を氷でアイシングし、冷却による反応で血流をよくして、組織の修復を早める事が重要です。

神戸市垂水区名谷町でスポーツ障害治療のチョウ鍼灸整骨院

078-777-3732