顔面神経痛

こんにちは。神戸市垂水のチョウ整骨院です。

三叉神経痛、顔面神経麻痺顔面の筋肉の震えについて原因症状と治療法調べてみます。顔に向かって行く気を三叉神経と呼ぶここに異常が生じたものです。 3次の神経に異常が生じて麻痺、または震え、または痛みが発生することになるのです。さまざまな顔面神経麻痺顔面の筋肉のけいれんが来ることがあります。

反復的な痛みの発作が顔の感覚を担当する三叉神経が分布した顔面部位に来る疾患として、50〜60代の女性でよく発生することが知られています。
しかし、若い男で全く発生していないわけではないです。

原因は正確に明らかになっていないが、最近では、脳の血管が橋の三次神経筋流入部で圧迫して発生される血管圧迫説最も有力に認められています。
少数の患者で脳血管の動静脈奇形や脳動脈瘤、脳腫瘍、多発性硬化症、ヘルペス感染症、その他の神経走行の周りの炎症、萎縮などが原因となることもあります。

顔面麻痺が発生していた方であれば、顔面神経麻痺再発を予防するために汗を出す行動や運動をすることを避けていただき、無理な運動や、サウナで汗をは行動は、体に無理させる。顔面神経麻痺再発予防に役に立たないとします。
軽いストレッチや顔の血液循環に役立つ運動法は役立ち、汗を抜く運動はより軽い運動がお勧めです。
冷たい食べ物ではなく、消化が良い暖かく胃に負担をかけない食品を摂取することが再発予防に役立ちます。
冷たい水、冷たい食べ物、冷たい風とは、なるべく遠ざけることが再発予防防止に役立ち、顔には冷たい水、冷たい風が当たらないように注意することをお勧めします。

神戸市垂水で神経痛ならチョウ鍼灸整骨院