弾撥指

こんにちは。
垂水区のチョウ鍼灸整骨院です。
今日は弾指(trigger funger)について説明とその治療について話します。
引き金指とも呼ばれますね。腱は腱鞘に包まれているが、腱鞘は内層の滑膜鞘と外層の繊維幕とからなっています。外層の繊維幕は、指節骨の骨幹部では繊維が走って腱の滑車の動きをしており、関節部では十文字に交差しています。腱鞘の腫脹や肥厚および腱の肥厚や結節形成が起こると繊維鞘の輪状部で腱が引っかかって通過が障害されるため、指を動かすと(snapping)弾撥とともに急に動くので、これを弾撥指または引き金指と呼んでいます。
一般的に弾撥指は中指と環指に起こることがおおいです。弾撥指になるとMP関節の掌側部に腱の結節性の肥厚が触知され。同部に圧痛がみとめられます。
鍼灸治療は、結節性の肥厚が経度で弾撥現象がごく軽度の場合には肥厚が触知される局所への治療によりl、腫脹の軽減と鎮痛作用によって弾撥現象が軽減あるいは消退することもあるが、肥厚が高度の場合には治療効果は期待できない場合もありますので、弾撥現象がある場合も早めに受診することが望ましいです