膝痛

こんにちは。垂水区のチョウ鍼灸整骨院です。
今日から雨で体が重い、だるい、など症状が現れた方が多いようです苦今日は膝痛の原因について述べます・

膝は荷重関節であり負担が大きいが、たんに体重分の負荷がかかるだけでなく、立ち上がり動作や階段登降時などように、膝の屈伸時には体重の数倍の力が膝にかかるので、日常生活のおいて常に大きなストレスにさらされています。そのために変性などの退行性変化を多しやすく。中年以降、特に女性に多く障害がみられます。
膝痛の原因疾患の以下に示すが、膝関節の疾患にはいくつかの疾患に今日共通して出現する臨床症状があります。主な症状は1.疼痛2.腫脹3.変形4.機能障害であり、また長期間の固定や安政によって大腿四頭筋の委縮が起こることがある、腫脹は主に、関節内および、周囲の滑液包内に液が貯留するために関節部が全体的あるいは局所的に晴れるものであります。変形は関節内の病変、人体損傷、筋麻痺などによって関節の形態が変わったものであり、外方凸の変形の内反膝、内方凸の外反膝、後方凸の反張膝があります。

機能障害には、拘縮、強直など運動障害、クリック、膝崩れ現象、不安定性などがあります。拘縮は関節外軟部組織に原因がものであり、強直「関節性拘縮)は関節組織自身に原因があって関節が癒合したものであります。
膝痛の痛みは根本的な治療が必要とされます。
歪んだ膝を矯正して、炎症があれば針治療をして消炎します。炎症があると、痛み腫れむくみなどが発生しますので、その場合はマッサージ療法を加えれば治まります。