運動性腰痛

こんにちは、神戸市垂水区名谷町のチョウ鍼灸整骨院です。今日は腰について述べます。

腰は、体感の中で重要な支持作用とについでの運動性を要求されています。そのためスポーツや日常生活においても、絶えず負担がかかっているので、腰痛を訴える人はおおいですね。外傷によるものは、打撲などの比較的に軽いものが主であり、多くは椎間板に原因を持つ障害といって過言ではありません。しかし、発育段階の骨の強度と筋力で裂離骨折や、腰椎分離しの主な原因と考えられ、疲労骨折なども発生します。

また外傷や障害はスポーツには営業があっても、日常生活を防げることは比較的少ないのが特徴です。ただ、椎間板の障害はスポーツを続ける限り痛みの原因になり、スポーツ能力に大きな支障となるのが現実であります。この原因は過度な腰椎過伸展にあると考えられ、競技者の診察や治療にあたっては問診を重視しべきで、痛みの発生や増悪がどのように起きるのかを充分把握しないと、個人の対応ができないことに注意を要します。

障害の予防

脊柱、特に腰部酷使するスポーツでは、正しい姿勢の保持が大切です。このため日常生活では、いつもよい姿勢を保つよう努めます。肥満すると腹がでるので腰痛前彎を増す結果となるので、体重の増加には注意します。同じ動きを繰り返さないことも大事ですね。スポーツの後はストレッチを行うなどが予防の上で必要であります。さらに重要なことは、筋力強化と柔軟性の増加であります。正しい姿勢保持のために適切な骨盤傾斜を維持する必要があるので腹筋、背筋の強化、下肢の筋力強化、身体の柔軟性の維持発展は必要であります。筋肉の柔軟性を付けるための鍼灸治療や、腰部のスポーツ外傷 障害後リハビリテーション的な鍼灸治療も重要で骨盤矯正、猫背矯正も加えておいたほうがいいです。

 

神戸市垂水区名谷町で交通事故・骨盤矯正・美容針ならチョウ鍼灸整骨院