不妊

不妊(難姙)診療をしてから5年目。その中に、様々な原因で私であることを経験している患者を診療してきた、数多くの理由で心を痛めている方に会いました。早期閉経により多くの子供を持つことができないという切迫した気持ちでお越しの方、過去の遺産の後面倒見を誤って不妊になった自分を責める方、夫の原因に最初から妊娠しようとあきらめた方。治療を受ける方の切実さを知っているので、私はあることを克服するために心から診療し、研究を続けてきました。

妊娠がうまくいかない原因を分類してみると、先天的に月経機能に問題があり、月経が全くない場合(閉経)に、このような場合は、治療がされていません。もう一つは、後天的な原因で子宮や卵管、卵巣などさまざまな疾患が原因で月経周期と月経の色と量などの様々な変化が現れるされて妊娠がうまくいかない状態で、このような場合は、治療を受ければ、妊娠が十分に可能になります。

妊娠の努力が1年以上経過したとき妊娠がされていなくなったら不妊検査を受けることと呼ばれる、検査をしても、特別な原因が出てこない場合には、「原因不明の不妊「現代医学的に適当な治療方法を見つけるのは難しい。原因不明の私任意に診断を受けると漢方医学の助けを一緒に受けることが妊娠の成功に到達する近道になることがあります。原因不明と現在までの検査上、通常のカテゴリに、実は原因が見つからなかった表現することが、より正確いたします。原因不明の不妊は、通常、受精はされますが、着床がされていない妊娠に進行されていない場合が多い。このような場合には、妊娠のために試験管手術を受けても誤解されていない移植後血液検査をすると、妊娠の数値が低く出てすぐに、月経につながる状況が発生し、このような状況は、原因不明の不妊でしばしば遭遇します。

不妊の場合、子宮自ら妊娠を拒否する現象が起こることもあります。手術が頻繁場合や、あるいは高齢妊娠のカテゴリに属している場合、あるいは流産が多い場合には、子宮内の環境が精子が生存しにくくするか、ようやく受精がされても受精卵が着床がないように拒否をしたりします。あるいは着床になっても受精卵を抗原として認識するようになると、もはや妊娠の進行ができなくなります。このように、免疫に関係する場合、子宮の状態をクロトー(抗老化)させたり、あるいは、気血の循環と陰陽のバランスを合わせて処方をすると、子宮が妊娠を受け入れることができる状態に改善させることができます。構造的に妊娠が不可能な場合ではなく、機能的な不妊夫婦であれば、チョウ鍼灸整骨院で治療を受けることをお勧めします。

垂水区名谷町のチョウ鍼灸整骨院