針治療の効果

垂水区名谷町のチョウ鍼灸整骨院です。同院は針治療に力を入れています。針の効果について述べます

目に見えない経絡を通じて気の流れを知ることができ、私たち人間は、その基調整することで、病気を予防、治療することが鍼治療の特徴である。

体内の任意の臓器に病気が発生した場合、その臓器の異常はすぐに関連付けられている経絡に渡され、肌に敏感な反応を引き起こすことになる。経絡上に表示された以上の反応点を経穴と呼ぶ。

経穴の異常反応は、凝ったり、紫に黒い色を帯びたりして経穴部位の色が正常な皮膚とは異なり、表示されることもある。またはクリックすると、痛みを感じたり、感覚に異常があるなど、いくつかの面である。このため、経穴に鍼を置く事で、他の部位よりも刺激が強く現れる。刺激が強いほど、その刺激が他の部位まで流行ほど効果は大きくなる。

鍼治療の効果は大きく二つに分けて説明することができる。まず、体が疲れ機能が異常低下したときに針のフットワークを使って針のプラス効果を得なければならず、逆に体が緊張して異常亢進になったときは、唾液の司法を使って針のマイナス効果を得なければならない。このように唾液は機能異常低下機能異常亢進を同時に治療することができる。

鍼治療の効果には、最初に鎮痛作用がある。唾液は、体内でエンドルフィンの分泌を促進させて鎮痛効果を得るために割り当てる。神経痛、関節炎の場合鍼治療をすると鎮痛効果が非常に大きいが、これはエンドルフィンが分泌されるからである。

次に、消炎作用がある。鍼治療をすると、血液中に `ハイドロゴイチジ​​ュン」という物質が増加され、白血球が食作用をすることができ、抗体が活発に作用をできるようになる。

最後に、体内を常に一定の状態に維持する作用をする。ストレスなどの外部からのいくつかの刺激が与えられても、私たちの体を常に一定に維持させてくれて、病気から私たちの体を守るし、抵抗力と免疫機能を高めてくれる。また、自然治癒力を強化させてくれる。

この他にも鍼治療は、高血圧、中品、関節炎、神経痛などの病気だけでなく、麻酔術、肥満症、薬物中毒などの治療にも積極的に応用されている。